専業主婦が利用できる借入先

賃金業法で改正された、総量規制という過剰な貸付を防ぐための法律で「賃金業者は契約者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはいけない」と定められています。
この総量規制でいう賃金業者は、消費者金融会社や信販会社のことを指し、銀行は対象外となっています。
このことから、銀行は貸付金に制限を設けずに住宅ローンなどの高額融資が可能となっています。
この改正で煽りを一番受けたのが消費者金融で、改正前は無収入の専業主婦でもキャッシングが可能でした。
しかし、収入のない契約者の借金がどんどん増え自己破産をする人たちが増加したため、この法律が改正されました。
そこから、消費者金融などは収入のない希望者を断るようになりました。
そんな専業主婦でもキャッシングができる方法が2通りあります。

配偶者貸付

これは専業主婦のための対策です。
夫婦での収入を合算した合計年収の3分の1までの借り入れが可能です。
例えば、専業主婦(年収0円)+夫(年収600万)=600万(合計年収600万)
この3分の1なので、200万まで借り入れできます。
これに必要な書類は、

  • 契約者(妻)の本人確認書類
  • 夫婦関係を証明できる住民票や戸籍謄本
  • 配偶者(夫)の同意書
  • 夫の収入証明書(所得証明書、源泉徴収票、確定申告など)

しかし、この配偶者貸付は大手消費者金融は行っていません。
業者側からすると、面倒な処理が多い割には利益が見込めないので、手間ばかりかかってしまうからです。
総量規制対象外となる銀行なら、配偶者に安定した収入があれば、収入のない専業主婦でも借り入れが可能です。
しかも夫の同意書や所得証明書が不要なので、審査が通れば内緒でお金を借りられます。
本人確認書類があれば、銀行カードローンの申し込みができます。
最近はどの銀行も即日融資に対応しているので、インターネット申込やテレビ窓口など銀行別の条件を満たせば、
契約とカード発行が即日でしてもらえるので、その日のうちにキャッシングが可能です。
銀行カードローンは他の金融会社に比べて金利も安いので、返済を生活費のやりくりで何とかしなければならない主婦にも安心です。
また、提携ATMでの利用手数料無料などの利便性も高く、メリットも多いです。

おすすめサイト

専業主婦でも借りられる消費者金融一覧
専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
http://www.absalompress.com/

 

無職の主婦が銀行カードローンで借りる方法について詳しく知ることができます。
家族や夫にバレることなく借りるコツを知ることができるので内緒で利用したい方必見です。